時短勤務 正社員

時短勤務 正社員

 

何とかやっていけそうかもしれない。

 

朝が弱く、マメなタイプではない為、気を抜くと直ぐに家の中がガチャガチャになりがちてす。その為、出勤時間が朝の8時以降であることは、私にとっては必須条件です。近所で働くと、通勤時間は5分。帰りも早いです。17時定時で、スーパーで買い物をしても18時過ぎには帰宅出来ます。なるべく週末に買いだめするなど、工夫しながら何とか平日5日間を乗り切ります。休日は、土日祝なので、週に一度は必ず2連休以上あり、ここでリフレッシュできます。オンとオフはしっかりと分けたいと思うので、この点も助かります。工場勤務は、定時で帰宅でき、休みも確保できる、単純作業で負荷が少なく仕事を家に持ち帰らないなど働きやすいと思います。コツコツと作業を続ける事が苦ではないので、やるべき事を一つ一つこなしていくうちに、あっという間に時間が過ぎます。家に帰ったら、育ち盛りの高校生2人に、なるべく手作りの食事を用意出来るし、23時は布団の中です。生活が安定する事が一番良い所です。

 

 

 

時短勤務 正社員

時短勤務 正社員

 

子供の体調不良で保育園からの呼び出しが頻繁に

 

保育園激戦区にて何とか勝ち抜き、春から保育園に通っている息子。
そして私も晴れて社会復帰が決まりました。
それも憧れだった学童指導員です。
小学生の子供たちに宿題を教えたり校庭で遊んだりして過ごすのは、仕事とはいえとてもやり甲斐のある楽しい時間でした。

 

しかし現実は甘くない!
週に一度は保育園から呼び出しの電話がかかってきます。
「◯◯くん、熱が出ました!迎えに来てください。」
「◯◯くん、嘔吐しました!迎えに来てください。」

 

息子が入ったのは保育園の0歳児クラス。
まだ免疫力がか弱い年齢なので風邪も流行るし熱も出ます。
春の胃腸炎、夏の手足口病とヘルパンギーナなんてもはや風物詩のような有様…そして発症したらその後数日間はもちろん保育園へは行かれないので私の仕事のお休みも確定してしまいます。

 

幸い職場の先輩方は皆理解があるので「大丈夫だから息子くんお大事にね?!」なんて言ってはくれるものの、ただでさえ教員が少ない人数で回している現状なのでこちらは申し訳なさMAX…お休みの電話を入れるたびに、もしも許されるなら職場でごめんなさいの土下座をさせていただきたい気持ちになります。

 

そんないたたまれない状態を繰り返してしまう事にこちらの精神状態が保たなくなり、結局半年間で職場を辞めて専業主婦に戻る事にしました。
またいつか、息子が大きくなった時に学童指導員の募集がある事を祈りつつ…涙。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

子供の病気と子供からの言葉です
指示されていないことを注意された時
私が仕事を辞めたいと思った理由は人間関係です
私の欲しかった給与よりも低かったため
時間の制限が嫌だった!!

更新履歴